Skip to Content

株とFXの大まかな共通点と相違点

株式取引とFX取引の違いについてみてみましょう。

金融商品であるということ

株式にはいくつか特徴がありますが、一番基本となる点は、株式取引は会社に投資をする金融商品であるということです。
会社に投資しますので、将来性や発展性があるかどうかが非常に重要になってくるでしょう。
ですから、時代が求めているサービスや商品についても知識が必要ですし、流行りのものがなにかも情報収集しておく必要があります。そうしたデータを基に、投資する会社の銘柄を決めていきます。

保有する資産

そして、次のポイントは自分の保有する資産です。
株式は利益をだすために投資るうはずですから、当然資産の管理は重要事項となります。初めのうちは、少額で取引を繰り返し経験を積むのが良いと言われています。損切りもうまくできるようになり、利益を上手に生み出せるようになるのが重要でしょう。

FXでの取引

さて、FXは同様の取引で成功できるか考えてみましょう。
株式取引の流行がFXとも共通項があるかどうか、これはなんともコメントしにくい部分です。流行というより、外貨が上昇トレンドにあるか、逆なのかを分析する必要があります。
FXを行っていると様々なニュースがメルマガやサイトで流れてきます。もちろん、為替市場を左右させる重要な情報もありますが、ニュースに左右されすぎてしまってもいけません。
重要ニュースはチェックしつつ、チャートを使ってグラフ上で相場を分析する、そして予測を立てていくのが一番重要だというのが私の意見です。(参考URL:hot-fx.jp

FXでの資産管理

さて、資産管理の点ですが、これはFXも株式もやるべきことは同じです。
損切りは両方ともかなり重要な決断です。リスクは株にもFXにもついてくるものですから、損切りをしきれないと、思わぬ大損害になる可能性がある事を念頭に置きましょう。

By on 2013年4月19日

Copyright © 2016 FXと株の違いを知ろう!